2012年03月31日

2012年2月18日開催 大阪市帆船「あこがれ」によるセイル・トレーニングと学校シンポジウム レポート

そ去る、平成24年2月18日(土) 13時〜16時に、大阪市住之江区南港北にあるATC ITM棟4階 セミナールームにて、『大阪市帆船「あこがれ」によるセイル・トレーニングと学校シンポジウム』(主催:公益財団法人大阪港振興協会  後援:国土交通省近畿運輸局、大阪市、大阪市教育委員会)が開催されました。このシンポジウムは、学校関係者の皆様に広くセイル・トレーニングを認識していただき、「教育」として帆船「あこがれ」を活用していただければ、との思いから開催されたものです。

akogareシンポジウム.jpg

講演内容は、まず船長から「セイル・トレーニング」とはどういったものか?という話からはじまり、その後に帆船「あこがれ」を使用し実際に航海を体験した参加3団体の報告がありました。そして、「セイル・トレーニング教育効果の『見える化』」と題し、セイル・トレーニングを体験してどのような変化が見られるのかを検証する方法の紹介などがありました。

実際に船に乗っての体験談をきくと、こんな効果もあったのだ!と驚くほどの変化も見受けられました。
以下に詳しくこのシンポジウムの内容をレポートさせて頂きます。次項有続きを読む
posted by Salty Friends at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サイキンノふっくん@大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

海の日

今日は、海の日。みなさんこの連休はいかがお過ごしでしたか?
海の日は、SaltyFriendsがリフィットボランティアとして関わってきた、帆船<明治丸>とつながりの深い日。明治天皇が、奥羽・北海道巡幸をされた際に、<明治丸>が御座船となり、横浜にお戻りになった日が、7月20日。それが今の海の日に続いています。

SaltyFriendsのいかろーは、海・・・とは逆に富士山麓公園で開催された、24時間リレーマラソン大会に参加してきました。朝の日差しで気付かぬ間に日焼け。腕が真っ赤で、シャワーを浴びるのもしんどい。。。24時間なので、10人程度でチームを組みながら、さながら船のワッチのように交代しつつ、走りました。みんなが応援してくれたり、余力のある人が多めに走ったり。船酔いの人のかわりに舵を握ったり、巨大な帆をみんなで広げたり・・なフネの生活にどことなく通ずるものがあるな、となんだか嬉しくなりました。一緒に走ったみんなありがとう!



海の日について、詳しくは、元<日本丸>船長、橋本進さんの著書『ロマンの海に漕ぎ出そう』,(株)舵社,(1990,pp.188-189)をご参照ください。

〜以下引用〜

◆「海の記念日」の制定について◆

 明治天皇の奥羽・北海道御巡幸は、明治九年六月二日に東京を出発し、七月十四日陸路青森御到着、七月一六日海路函館に向かわれた後、七月一八日同港発、再び海路で横浜に還幸されるというものであった。そして、この御座船となったのが明治丸で、七月二○日午後八時一○分、横浜に帰着したと記録にある。

 この横浜帰着の七月二○日を「海の記念日」とすることを、昭和一六年(一九四一年)五月二九日の定例次官会議で報告説明、同六月五日、内閣書記官長名で各省次官に通達が出され、ここに七月二○日を海の記念日とすることが正式に決定した。前述したように、明治天皇が初めて明治丸に座乗された三月六日を記念日とせず、七月二○日とした経緯については、時の逓信大臣村田省蔵の次のような談話が、それをよく物語っている。

「……海の記念日を七月二○日としたのにはいろいろな考えがあった。第一に、記念日は冬であってはいけない。夏でなくては海に出る人間が少ないということが一つ。もう一つは学生諸君に海の思想を大いに吹き込みたい。それには学生の休みのときがよい。ということを先ず考えた……」

 また明治丸について、「海の記念日」制定の参考資料の中に次のような記述がある。

 「……東北御巡幸ノ際ニ於ケル御召船(オメシセン)タリシ光栄ニ輝ク明治丸ハ世態ノ変遷ヲヨソニ超然トシテ東京高等商船学校ノ繋留池中ニ白色ノ船体ニシップ型の三檣ヲ樹(タ)テ冒シ難キ昔乍(ナガラ)ノ品位ヲ保チ貴キ生ケル史実トシテ世界ノ大洋ニ雄飛セントスル若キ海ノ児ヲ鼓吹育成シツツアルハ周知ノ事ナルモコノ船体コソ海軍ノ三笠に匹敵スル海ノ至宝永ク保存愛護シテ失ウコトナカラシメヨ」 このように、かつては「軍艦三笠」が「海軍記念日」のシンボルだったように、明治丸は「海の記念日」のシンボルであると言っても過言ではないのである。
posted by Salty Friends at 13:43| Comment(21) | TrackBack(6) | ・FM 海風通信・ いかろー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

・FM 海風通信・ 昼の電話

スタッフ日記では本当にご無沙汰しています。いかろーです。

昼過ぎ、<海星>に一緒に乗ったことのある友人から突然の電話。
そして明日会うことになった。
なんだか嬉しい、とてもうれしい。
ただ、それが誰かに伝えたくなって、日記に書くことにした。

最近こういうハプニングが続く。この間もそうだった。
彼女は講演会の会場にふらっと現れ、
<ソーレン・ラーセン>のクルーをしているんだ、と言った。
そんな真帆のブログは現在準備中。もう少しだけ待ってくださいね。

□SF い
posted by Salty Friends at 02:45| Comment(0) | TrackBack(1) | ・FM 海風通信・ いかろー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

年の瀬。。。

本日、大阪市中央区の黒門市場に行ってきました!
さすが天下の台所・食い倒れの町大阪の胃袋を満たす市場で、高級食材がバンバン売れて行っていました!!何か街に活気があると嬉しくなってしまいます(^0^)。

IMG_0361_1_1.JPG

帆船「あこがれ」は先日のクリスマス航海で今年の業務は終了。
来年は1月6日の大阪市消防出初式(でぞめしき)から業務開始です!!
当日、は消防艇などの会場パレードに混じって、「あこがれ」でもボランティアスタッフがマストに登る帆船の最高儀礼の「登しょう礼」を披露します。ぜひ「あこがれ」の登しょう礼、見に来てください!!
また、当日は大阪港天保山岸壁に郵船クルーズの「飛鳥U」(50,142トン)が10時入港〜17時出港予定。出初式が10時からだから、9時過ぎごろに時空館近くの岸壁から「飛鳥U」の入港を見学して出初式を見るのがオススメです!!(10時天保山岸壁着岸なので、9時過ぎごろに時空館の目の前を通ると思います。南港(咲洲)の北側には海が見える公園が整備されています。時空館または地下鉄コスモスクエアの駅から公園に行く事ができます。
飛鳥U見学ベストポジション
それでは皆様!良いお年をお迎えください(^0^)!
posted by Salty Friends at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サイキンノふっくん@大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

エコアートフェスタ大阪

11月3日(土)〜11日(日)に大阪港天保山で開催される「エコアートフェスタ大阪」に帆船「あこがれ」も参加するのですが、大阪市港湾局の方も交えてその最終打ち合わせに行ってきました。

今回「あこがれ」は宮崎方面を航海しているので11月10,11日(土,日)のみの参加となりますが、その2日間のためにシャープやその他電機メーカー5社が協力して「あこがれ」のイルミネーションを制作したり、神戸芸術工科大学の先生などが古着と蛍光・蓄光ペインティングの巨大な絵を完成させたり、西宮や淡輪・東京海洋大学などでも展示した「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展@ほんまもんでの集大成」をあこがれ船内で開催したりと、様々な人が動いて「エコアートフェスタ大阪」の成功にむけて頑張っています。

私としてはあこがれ船内の「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展@ほんまもんでの集大成」のプロデュースを担当させてもらうことになり、土日はほとんどこの準備に費やされています。しかし、今まで各地で開催させてもらっていた「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展」を本船で開催させてもらえるということと、大阪市港湾局が気合を入れて取り組んでいる「エコアートフェスタ大阪」の会場内で展示させていただけるということなので、いままで培ってきた経験を余すところ無く発揮できればと思っています。

当日はボランティアスタッフによる「登しょう礼」と呼ばれるマストに乗船者が登る帆船の最高儀礼なども実演予定ですので、11月10,11日(土,日)は天保山岸壁まで是非遊びに来てください!!

IMG_9304_1_1.JPGeco art festa 2005.JPG
posted by Salty Friends at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サイキンノふっくん@大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

北港ヨットハーバー

20070623 AKOGERO.jpg
夏はもうすぐそこ!!
昨日は大阪北港ヨットハーバーで初めて一人でヨットに乗りました!
車なんかは一人で運転するのが当たり前ですが、船は小回りのきくモーターボートなんかでも、操船する(ハンドルを持つ)人と、接岸時などに係留索を結んだりする人の最低2人は欲しいもの。
今回のヨットは22フィート(6mチョット)の8人乗りですが、練習のため乗りたい!と言ったら一人で出て行くことになってしまいました!!

天気はよく、風もちょうど良く、初めてのお一人様セイリングには絶好の日和。タッキングやジャイビングなども何とかこなしました・・・といってもメインセイルだけ!ジブセイルはさすがに上げれませんでした。

お一人様セイリングで一番困るのはセイルを上げる時に舵を持つ人がいないこと!!セイルを上げる時は常に船を風上に向けていないと帆が揚がらないのですが、持つ人がいないと船がクルクル回って困る!!

ですが、ティラーをゴムで止めて、何とか舵を中立にしていざメインセイルを展帆!なかなかうまく上げる事ができました!!

ディンギーとか乗ってセイリング技術磨きたい気もするのですが、ディンギーってチョットめんどくさい所もあって、なかなか乗りにくい。でもチャンスがあったらチャレンジしてみたいです!

写真は舞洲越しに見るWTCビル。風を受けていますので、船は傾いています!
posted by Salty Friends at 15:41| Comment(3) | TrackBack(1) | サイキンノふっくん@大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

行ってきました!海王祭!!

国立東京海洋大学 越中島キャンパスの学園祭「第47回 海王祭(NEPTUNE FESTIVAL)」に行ってきましたぁ!!
明治丸前の芝生広場にステージが設けられ、たくさんのお店が出ています。その中に帆船ファンサークル「Salty Friends」のお店も昨年から出店させてもらっており、そちらのお手伝いで参加させていただきました。

(東京海洋大学 越中島キャンパス)
IMG_8234_1_1.JPG


・・・といっても、たくさんの方がいらっしゃっていたので、私は大学祭の見学をさせていただきました!!学園祭なんて何年ぶりかだし、海洋大学の学園祭は初めてだったので、結構面白かったです。

大学構内では各ゼミの発表やプラネタリウムの見学会、フリーマーケット、カッターの体験乗艇他様々なイベントもありました。

珍しいと思ったのはプラネタリウム!昔、GPSなどが無い頃は星の角度を測って現在の船の位置を確認したということで、航海に天測というものは切っても切れないものでした。海洋大学には日本で2番目に古く、現在使用されているものの中では一番古いといわれるプラネタリウムがあります!多分、一番古いのは大阪市立科学館にあったプラネタリウムじゃないかな?ここのプラネタリウムは大阪にあったものを少し小さくしたような形でしたが、しっかり動いていました!現在ではGPSのおかげで天測をしなくてもよくなったので、あまり使用されていないそうな。

(本格的なプラネタリウム!!)
IMG_8288_1_1.JPG


午後3時からステージで繰り広げられたのは海王祭名物「ミス・ネプチューン コンテスト」!!

東京海洋大学の学生寮の1年生男子の団体が女装して「ミス・ネプチューン」を決めるというエゲツないコンテストです。各寮の先輩方が毎年1年生に送るセーラー服などの女装代は何十万ものお金が飛び交うとも言われ、なかなか各寮とも気合が入っています。

男子が約9割を占める学校だからこそ残っている、そんな伝統的なイベントでした!!

(7組が美を競う???)
IMG_8308_1_1.JPG


本日最終日を迎えた「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展@明治丸」を展示させていただいている「明治丸」にもたくさんの方が見学にみえていました。「あこがれ」の紹介コーナーで「へ〜、一般の人が乗れる、こんな船もあるんだぁ〜」という声もあり、まずまず目的達成といったところでしょうか?

(明治丸船内)
IMG_8213_1_1.JPG


「明治丸」の隣にある「百周年記念資料館」には戦前に2度の世界一周を果たし、戦後神戸港で機雷に触れ轟沈した帆船「大成丸」の遺品が展示してあり、その大成丸に乗船していた当時の方がいろいろ説明をしていました。

(初代大成丸コーナー)
IMG_8268_1_1.JPG


「ソルティーフレンズ」アンテナショップは朝からTシャツや手作りのリストバンドや帆船ナマ写真などが売れており、なかなかの盛況でした。

(ソルティーフレンズショップ)
IMG_8261_1_1.JPGIMG_8329_1_1.JPGIMG_8333_1_1.JPG


16時になり、「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展」の撤収作業が始まりました。たくさんの方が手伝ってくれてスムーズに撤収することができました!主な荷物は次回7月2日から大阪港天保山で開催させてもらう雑貨とお茶のお店「ハaハaハa」に直接郵送。その他の細かいものは私が新幹線で持って帰りました。

大阪では、東京で展示させていただいた世界の帆船の写真なども展示する予定です。ソルティーフレンズのスタッフが世界中で撮影した写真の一部をとくとご覧ください!!

あ〜。海王祭の報告のつもりが「帰ってきた!嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展」の宣伝になってしまいました(^-^;。。。7月2日〜8月31日までの約2ヶ月開催です。ぜひお越しください(^-^)!!!
posted by Salty Friends at 02:06| Comment(4) | TrackBack(0) | サイキンノふっくん@大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

ひさしぶり。

久しぶりに日記を書きます。

書こうと思ったきっかけは、あまりにひどいニュースが続いたから。
今年は帆船受難の年なのですかね?

さて、「日本丸」「海王丸」の遠洋航海の廃止。残念です。
私は船乗りではないのでわからないのですが、帆船による遠洋航海を体験する事によって自然の脅威を感じ、その恐ろしい自然を味方につけて船を動かす事を身につける・・・そのために帆船による航海訓練が必要なんだというような事を聞いた事があります。エンジン船ばかりに乗ると自然を味方につけるという感性が少なくなるように思います。船は、自然には逆らえないのだから、自然を肌身で感じることができる帆船教育っていいと思うんだけどなぁ。。。

帆船教育って2〜3日乗っただけではわからないと思います。遠洋航海に出るからこそ、普段では遭遇しないような異常な気象・海象に出会うこともあるでしょうし・・・。

ただ、帆船教育が全面的に否定されている訳ではありません。短い期間なら実習で「日本丸」「海王丸」に乗船しますし、また両船を一般の人にも開放して、青少年の海事思想を育てるのに役立てる、との事です。

「あこがれ」事業を「日本丸」「海王丸」も今以上にやっていくという事で、乗船者のすそ野が広がって、もっと多くの方が帆船に触れることができるようになることを希望します。



もう一件はイギリス・グリニッジの「カティーサーク」の件
放火の可能性もあるということですが、世界で一番美しいと呼ばれる帆船の焼失は非常に残念で言葉も出ないです。海洋国家イギリスのことですからどんな事があっても必ず復活させるでしょうが、いくら最高の技術で復元したとしても、19世紀の船技術者が創り出した当時の世界最速の船の現物は失われてしまって、もう二度と見ることはできません。焼失前に見に行けば良かったと今さら思っても後の祭りです。ヤードなど50%は別の場所に保存してあって無事だという報道ですが、船の一番重要なポイントは船体。帆船模型でも船体におびただしい時間と手間をかけて制作します。その船体の大部分が焼失してしまうなんて。。。世界中の帆船模型ファンが悲しんでいることでしょう。

ただの愚痴のページになってしまいましたが、ここまで読んでいただき、ありがとうございます。世の中はパイレーツ・オブ・カリビアンで帆船が今まで以上に注目を集める時。この風をいい方向でとらえていけたらと思います。
posted by Salty Friends at 02:02| Comment(8) | TrackBack(0) | サイキンノふっくん@大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

もう4月

久しぶりに日記を書こうと思うと2月から書いていなくって、もう4月。
季節がかわり、いろんなものが変わってきています。

「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展@明治丸」、ご好評のため開催延長が決定し、東京海洋大学の学園祭の最終日6月3日(日)まで展示させていただくことになりました。

その他、大阪で「メルボルン/大阪 ダブルハンド ヨットレース」という大西洋縦断のヨットレースの1着艇が明日にもゴール!4年に1度のこのイベント、毎回大変ですけど受賞者のゴールしたときの嬉しそうな顔を見るとまた声援を送りたくなる。

1995年に初めて海外に行った先がオーストラリア。このレースがあったから僕はオーストラリアに行くことができた。あの時にホームステイでお世話になったご家族の方も、このレースがあったからお世話してくれたわけで、やはりあの時のホスピタリティーを私も返してあげたい。

5月の連休は大阪北港ヨットハーバーに通い詰めの毎日になりそうです(^-^;!!
posted by Salty Friends at 01:57| Comment(1) | TrackBack(0) | サイキンノふっくん@大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

舵社の取材を受ける!!

 2月11日に国立 東京海洋大学(旧 東京商船大学)に「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展」の設営のため行ってきました!
 当日はヨット・モーターボートの雑誌「KAZI」を発行している舵社の編集部の方2名が取材のため来てくれました。
 明治丸等、11日の取材の内容は3月5日発売の「KAZI 4月号」に掲載予定という事で今から楽しみでするんるん

syuzai.JPGsyuzai.JPG

 この度の展示品は半分ぐらいが新しく作り直したもので、大阪で開催したものと少し内容が異なっています。今回一番の展示品は何と言っても実船の明治丸!!132年も前に造られたものとは思えないほどしっかりした造りで、手入れの行き届いているところは本当に美しいです!!

 しかし、雨風にさらされる所はかなりやられており、崩れ落ちたヤードやブームなども展示品の中に置いてあります。木のヤードだから腐ってきてしまうのですね!色んなところが痛んできており、早急な修理が必要です。ただ本船は国の重要文化財に指定されておりますので原状では応急処置的な事までしかできません。しかし、文化庁による根本的な修理が行われるまで、少しでも現状維持をする必要があります。修理ボランティアの募集も展示にあわせてやっておりますので是非のぞいてください!

 当日は私も入れて12名で設営をやりました!大阪のメンバーは私一人だったので、設営がうまくできるかどうか少し不安でした。。。


 しかし、大体のイメージが固まるとそこから一気にみんなが動き出して、思った以上に素晴らしい展示になりました!これがチームワークですね!さすが皆様帆船で培ってきただけある!!脱帽です!

みんな一所懸命飾り付けてくれて、設営が終わったのは夕方5時をまわっていましたぁ!!!

IMG_7227_1_1.JPGIMG_7228_1_1.JPG取り付け中.JPG明治丸.JPG

今回、この展示会をするのに大変お世話になって、この日明治丸の鍵の開け閉めをしてくれた社団法人 日本航海学会 事務長の岡村さんは設営当日が71歳の誕生日!!
 誕生日なのに遅くなってしまってゴメンナサイ!!!

設営終了後、主催者メンバーで月島にもんじゃ焼き食べに行ったのですが、なんと岡村さんもついてきてくれました!誕生日なのにこんな私たちが祝ってもいいのですか???
 結局もんじゃ焼きが岡村さんの誕生日パーティーみたいになってしまいました!!!
 
もんじゃ焼き.JPG


 「嗚呼、あこがれ!帆船の魅力展@明治丸」は東京海洋大学 越中島キャンパスで4月26日まで開催中。毎週火・木曜日/第1・第3土曜日 10:00〜15:00しか一般公開していませんので、ご注意下さい。
 
 ヤシの実が置いてあるテーブルに自由ノートが置いてあります!是非是非今回の展示会の感想を書いて残してください(^−^)/~!!

タイトル.JPGB.JPGIMG_7236_1_1.JPG
posted by Salty Friends at 01:12| Comment(5) | TrackBack(1) | サイキンノふっくん@大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。